• ホーム
  • 性行為をしなくても発症するカンジダ膣炎とは

性行為をしなくても発症するカンジダ膣炎とは

カンジダ膣炎は性行為によって発症したと思われがちですが、性行為をしなくてもカンジダ膣炎を発症することがあります。

カンジダ膣炎は、自発的発症と他人からの発症の2つの原因があります。
自発的な場合は、発症する要因は免疫力の低下や抗生物質を使用していたり、月経前や妊娠中、ピルを服用している場合などです。
普段は善玉菌が膣内の菌のバランスを整えて膣を健康な状態を保ちますが、体調に変化がある時は善玉菌が減ってしまうため、カンジダ菌が異常繁殖して膣炎を発症します。
風邪をひいたり疲労が溜まり免疫力が低下すると真菌が繁殖しやすくなり、抗生物質を使用していると膣内の善玉菌を減らすためカンジダ菌が繁殖しやすくなります。
さらに月経前などにホルモンバランスの変化で自浄能力が低下すると常在菌が繁殖する場合があったり、妊娠中は膣内の環境が変わるためカンジダ膣炎にかかりやすくなります。

他人から発症する場合は、性行為によるものと、皮膚環境の不衛生です。
性行為でパートナーの性器にカンジダ菌が増殖していると性行為によって感染することはありますが、性行為によって感染するのは全体の数%程度です。
また通気性の悪い下着や衣類などを着ることで陰部が蒸れるなどで不衛生になると発症することがあります。

カンジダ菌は健康な女性でも持っている常在菌で、カンジダ膣炎は疲れやストレスなどで抵抗力が落ちることで発症しやすくなり、誰にでも起こる疾病です。
カンジダ膣炎の症状で特徴的なのはおりもの状態とかゆみです。
おりものが粘度の高い白いカッテージチーズのようなぼそぼそとした状態になる症状があります。
膣とその周辺のかゆみもあったり、熱感を感じたり、膣の外陰の発疹や発赤、排尿時の痛みなどです。
カンジダ膣炎にかかった場合、外陰部のかゆみとおりものの症状に悩む人は多く、デリケートな部位なので恥ずかしいという気持ちから放置するケースもありますが、早めに婦人科を受診する必要があります。

再発したカンジダ膣炎は自宅で治療できる?

カンジダ膣炎は発症し完治したと思っても再発を繰り返すことが多い疾病でもあります。
カンジダ膣炎が再発しやすい理由には、カンジダ菌は腸管にも存在し、カンジダ菌が肛門から膣に感染するという場合があります。
これは排泄時にトイレットペーパーで拭く時に後ろから前に拭く癖がある人の場合です。
また性行為で新たに感染することもあります。
さらに症状が治まり、病院の検査で検出できないカンジダ菌が膣内に残っていて、それが何らかの要因で活発になって再発する事が考えられます。

カンジダ膣炎は、体力や免疫力が低下している時に常在菌が悪さをすることもあるので、症状が重くない場合には自然治癒する場合があります。
症状が酷い場合には婦人科で治療をすることで確実に治すことができます。

再発した場合には、自宅で市販のエンペシドやケトコナゾールを使って治療が可能です。
エンペシドは医師も処方薬として使っている抗真菌薬を市販薬として開発した薬です。
エンペシドは1錠を膣の内部に挿入する薬なので服用してはいけません。
副作用の心配も殆どありません。

ケトコナゾールは、ニゾラールクリームの有効成分で、カンジダ菌だけではなく真菌の細胞膜は主にエルゴステロールという物質で構成されており、ニゾラールクリームの有効成分のケトコナゾールは、このエルゴステロールが作られるのを粗大する作用があり、人の細胞に影響を与えることなくカンジダ菌の細胞膜のみ破壊することができます。

ケトコナゾールの副作用には軽度なもので、刺激感や紅斑、かゆみやかぶれがありますが、用法や用量を守って使うことで副作用の心配は殆どないものです。

カンジダ膣炎は再発しやすい疾病で、再発した場合には市販の薬を購入して自宅で治療し効果を得ることができますが、どちらも過去に医師の診断や治療を受けた人が使うと効果的な薬です。
症状がカンジダ膣炎に似ていても異なる疾病の可能性もあるので、初めて発症した場合には必ず婦人科を受診することが必要です。

関連記事
早く知りたい!性行為後すぐに性病はわかる? 2019年11月21日

性病に感染しても、感染直後は検査しても感染の有無はわかりません。検査して明らかに結果がわかるまでには、性病の種類によりますが、1日から3か月かかります。早期発見...

男性器にイボ?それって尖圭コンジローマかも! 2019年09月13日

尖圭コンジローマの特徴として感染した部位にイボのような腫瘍ができます。男性の場合は男性器の先端から肛門までイボのような症状が現れます。男性が尖圭コンジローマにな...

ジスロマックジェネリックの賢い買い方は? 2019年08月26日

新薬の開発にはとても長い時間と費用がかかるため、世に出た医薬品の価格は決して安くはありません。その価格の中には長年の研究費用や治験費用など、さまざまなコストが含...

無症状でも感染しているクラミジアの怖さ 2019年06月19日

性感染症のなかでも比較的知名度が高いといわれているのがクラミジアだといわれています。しかし初期には無症状の場合が多く発見が遅れてしまい結果として症状が悪化してし...

バルトレックスはヘルペスを抑え、再発率も下げる? 2019年08月08日

バルトレックスはヘルペスの治療で使われている抗ウイルス剤です。ヘルペスは一度ウイルスに感染すると、治療をしてもウイルスが完全に体の中からいなくなることはなく、神...