• ホーム
  • バルトレックスはヘルペスを抑え、再発率も下げる?

バルトレックスはヘルペスを抑え、再発率も下げる?

患者を診ている医者

バルトレックスはヘルペスの治療で使われている抗ウイルス剤です。
ヘルペスは一度ウイルスに感染すると、治療をしてもウイルスが完全に体の中からいなくなることはなく、神経節という部位に潜伏しています。
神経節にヘルペスウイルスがいるだけの時には、自覚症状が起こることがなく、大きな問題もなく過ごせます。

しかし、何かの理由で体の中のウイルスが増殖を始めると、ウイルスの数が徐々に増えていきます。
そうするとヘルペスを再発することになり、水ぶくれができて痛みが出ることもあります。
再発を起こしやすいのは疲れがたまったり、何かの病気をしている時など免疫力が下がった時です。
再発は一度だけでなく、人によっては頻回に何度も再発を起こす人もいます。

再発の時でも初めて発症した時でも治療法は同じで、抗ウイルス剤を使って行います。
その時に使用される薬は何種類かありますが、バルトレックスはよく使われる薬です。
バルトレックスの特徴はバラシクロビルという成分を主成分としていることと、服用回数が少なく、効果がしっかりとあるというところです。

同じような抗ウイルス剤には、他にもいくつかありますが服用回数が多いというデメリットがあります。
その薬を改良して、使いやすくしたのがバルトレックスなので、ヘルペスの治療では最もよく使われている薬になります。

バルトレックスの効果はウイルスを死滅させるわけではなく、増殖を抑制するというものです。
そのためウイルスの数が多くなりすぎてからでは効果が半減してしまいます。
できる限り発症早期に用いることで、ウイルスの数が少ないうちに増殖を抑制できれば、症状が重症化する前に防げます。

バルトレックスの副作用は頭痛や眠気などの意識障害があるということです。
他には消化器症状として吐き気、下痢、腹痛なども挙げられています。
しかし、バルトレックスは非常に副作用の少ない薬だと言われており、これらの症状が出たとしても軽度で済むことがほとんどです。

バルトレックスジェネリックはどこで買えるの?

バルトレックスはこのように服用回数が少なく、効果がしっかりとあることに加えて、副作用もほとんどないという優れた薬です。
しかし、問題は価格が高いということです。
他の抗ウイルス剤に比べて比較的新しい薬だということも関係しているのかもしれませんが、バルトレックスを購入する時には経済的な負担が大きくなるというデメリットがあります。

そういった時に利用すると便利なのがバルトレックスジェネリックです。
これはジェネリック医薬品と呼ばれる種類のもので、先に開発された薬と、ほぼ同じ成分で作られている薬です。
ジェネリック医薬品の特徴は、先発薬と同じ効果がありながら、価格が大変安いことです。

価格が安いということで、効き目もよくないと誤解している人が多いようですが、効き目に関しては先発薬と変わりありません。
価格が安いのは開発にお金がかかっていないからです。
薬の価格は材料費はそこまでかかりません。
材料費だけでなく、開発にかかった費用が上乗せされているので高価になることがあります。

ジェネリック医薬品はすでに開発をされた薬と同じ成分で作ってあるので、開発費の上乗せがなく同じ効果がありながら安い価格で購入できます。
バルトレックスジェネリックの場合も、バルトレックスと同じバラシクロビルという成分でできています。
効き目も変わりありません。

バルトレックスジェネリックを購入したいと思った時には個人輸入をしている通販サイトを利用します。
色々な通販サイトがあり、多くの海外の薬の取り扱いをしています。
そこで、バルトレックスジェネリックを探して注文をすれば、あとは自宅まで届けてもらえます。
とても簡単に購入ができる方法なのでおすすめです。

関連記事
無症状でも感染しているクラミジアの怖さ 2019年06月19日

性感染症のなかでも比較的知名度が高いといわれているのがクラミジアだといわれています。しかし初期には無症状の場合が多く発見が遅れてしまい結果として症状が悪化してし...

アジスロマイシンでは治せない性病ヘルペス 2019年07月19日

ヘルペスは性病の中で、女性ならばクラミジアに次いで2位、男性なら淋菌とクラミジアに次いで3位という感染者数の多い病気です。他の上位の性感染症が細菌によって起きて...

細菌を殺菌するアジスロマイシンの効果 2019年07月03日

アジスロマイシンは、ジスロマックという抗生物質の有効成分としてよく知られています。アジスロマイシンには細菌を殺菌する作用があり、淋病(淋菌感染症)やクラミジア、...