• ホーム
  • ジスロマックジェネリックの賢い買い方は?

ジスロマックジェネリックの賢い買い方は?

新薬の開発にはとても長い時間と費用がかかるため、世に出た医薬品の価格は決して安くはありません。
その価格の中には長年の研究費用や治験費用など、さまざまなコストが含まれています。
新薬は特許によって一定期間権利が守られていますが、期限が切れた薬は別の会社が同じ成分で販売することができます。
抗生物質であるジスロマックジェネリックのアジーもそのような薬の1つです。

薬局に行けば様々な医薬品を購入することができますが、抗生物質は医者の処方箋がなければ購入することができません。
しかし、通販の個人輸入を利用すれば海外から処方箋なしで購入することができます。
ジスロマックジェネリックのアジーも海外の通販で輸入することができる医薬品ですが、ジェネリックであることからもともとの価格が安価であり、病院で診察料を取られることもありませんので、治療にかかる費用を抑えることができます。

日中忙しい人は自宅で荷物を受け取ることができない場合もありますので、郵便局留めにして自分の好きなタイミングで取りに行くのも良いでしょう。
郵便局留めにするメリットは他にもあります。
家族に個人輸入していることがバレない点です。
ジスロマックは広く一般的に知られた抗生物質で、様々な細菌に対して効果があります。
その中でもクラミジアの治療に使われる薬として有名なため、家族がこの薬を受け取ってしまうと、性病にかかっていることが知られてしまったり、疑いをかけられてしまう可能性があります。
病院で診察を受けるのが嫌だという人でも個人輸入で薬を手にすることができれば、自分で治療をすることができ、周囲の目を心配する必要がありません。

ジスロマックジェネリックのアジーは新薬のものと効果は変わらず、1回の服用で長期間効果が持続します。
そのため一度服用すれば診察料をかけることなく完治させることも不可能ではありません。
しかし、病気の原因が不明な時に自分の判断で治療をするのは良くありませんので、原因がわからない場合はしっかりと医師による診察を受け、原因を特定するようにしましょう。

ジスロマックとアジー、どう違う?効果と価格と副作用

ジスロマックは商品名で、その有効成分はアジスロマイシンです。
アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質で、同じ種に分類されるクラリスロマイシンなどと比較しても薬物相互作用が少なく、安全性の高い薬として知られています。
ジスロマックジェネリックのアジーも成分は一緒ですので、効果に大きな違いはありません。
ただ開発コストが新薬と比較してかかっていないため、アジーのほうが薬の価格は安価です。

セフェム系やペニシリン系など他の抗生物質と比較しても、マクロライド系の抗生物質は副作用が起きる心配が少ないのが特徴です。
小児から老人まで幅広く利用することができ、薬の効果が出る細菌の種類も多いので、抗生物質の中でも汎用性が高い薬という特徴があります。
薬の成分が長期間体内に残ることから、服用回数も少なくて済み、それによって飲み忘れるリスクが減少します。
抗生物質は飲まなくてはならないときに飲み忘れてしまうと、体内で細菌が変異し、耐性菌になってしまうこともあります。
治療において正しい量を正しい間隔で飲むことは非常に重要です。

安定している成分のため副作用が起こることは少ないものの、体質によっては副作用が出ることがあるので、発疹やかゆみ、下痢、嘔吐など何かしら反応が出てきた場合は服用を辞めるようにしましょう。
特に処方箋なしで自分の判断で購入した抗生物質では飲むかどうかの判断も自分にかかっています。
重篤なアナフィラキシーショックを起こす可能性もゼロではありません。
一度マクロライド系の薬剤でアレルギー反応が出ると、他の同じ系統の薬でも反応するようになりますので、病院で薬を処方してもらうときにも薬の種類には注意しましょう。

関連記事
男性器にイボ?それって尖圭コンジローマかも! 2019年09月13日

尖圭コンジローマの特徴として感染した部位にイボのような腫瘍ができます。男性の場合は男性器の先端から肛門までイボのような症状が現れます。男性が尖圭コンジローマにな...

無症状でも感染しているクラミジアの怖さ 2019年06月19日

性感染症のなかでも比較的知名度が高いといわれているのがクラミジアだといわれています。しかし初期には無症状の場合が多く発見が遅れてしまい結果として症状が悪化してし...

バルトレックスはヘルペスを抑え、再発率も下げる? 2019年08月08日

バルトレックスはヘルペスの治療で使われている抗ウイルス剤です。ヘルペスは一度ウイルスに感染すると、治療をしてもウイルスが完全に体の中からいなくなることはなく、神...

アジスロマイシンでは治せない性病ヘルペス 2019年07月19日

ヘルペスは性病の中で、女性ならばクラミジアに次いで2位、男性なら淋菌とクラミジアに次いで3位という感染者数の多い病気です。他の上位の性感染症が細菌によって起きて...

細菌を殺菌するアジスロマイシンの効果 2019年07月03日

アジスロマイシンは、ジスロマックという抗生物質の有効成分としてよく知られています。アジスロマイシンには細菌を殺菌する作用があり、淋病(淋菌感染症)やクラミジア、...