落ち込んでいる男性

クラミジアなどの性病に感染してしまったときは、早めに薬を服用することが大切です。
自覚症状が出ないために気づくのが遅れやすいのが性病の特徴なので、たいていは気づいた時点で症状が進行しています。
性病の治療で多く用いられる薬は、たとえばアジスロマイシンが配合されているジスロマックです。
ジスロマックを治療に用いる理由には、服用してから1週間ほど効果が持続することが挙げられます。
薬の飲み忘れが不安な人でも安心して服用できるのです。

アジスロマイシンの効果と作用のしくみ

性病にはさまざまな種類があるのですが、もっとも多くの感染者数がいるのはクラミジアです。
クラミジアの感染源となっているのはクラミジア・トラコマチスという病原体なので、治療をするときはクラミジア・トラコマチスに効果的な薬を使用する必要があります。
性病は感染症ですが、ウイルスによる感染症ではありません。
クラミジア・トラコマチスは細菌なので、ウイルスと細菌の違いについての正しい認識が不可欠です。

クラミジアを改善させたいときは、アジスロマイシンが配合されたジスロマックを服用するのが最適とされています。
アジスロマイシンは抗生物質の一種で、細菌による感染症に対して効果を発揮するのです。
性病感染者の多くはクラミジアに悩まされていますが、アジスロマイシンはクラミジア以外の性感染症、たとえばマイコプラズマなどの治療にも効果があります。
マイコプラズマというと一般的には肺炎を思い浮かべますが、肺炎以外にも尿道炎の原因になる細菌です。

クラミジアに限らず、感染症は体内で細菌が増殖することでさまざまな症状を引き起こします。
細菌の増殖にはタンパク質が深く関わっているのですが、アジスロマイシンを摂取するとタンパク質が合成されるのを妨げることができるのです。
アジスロマイシンの作用によってタンパク質が合成されなくなると、感染症の原因となる細菌も増殖できなくなります。

タンパク質は人間が生きていく上で重要な役割を果たす物質ですが、感染症の原因になる厄介な面もあることに注意が必要です。
しっかりとアジスロマイシンを摂取し、細菌の増殖を防ぐことが健康な生活につながります。
どのような作用があるのかが分かれば、アジスロマイシンを摂取することの重要性も理解しやすいわけです。

アジスロマイシン配合ジスロマックで治せるクラミジア

クラミジアの症状を改善させる場合は、抗生物質のアジスロマイシンを摂取するのが基本です。
医療機関を受診するとアジスロマイシンが配合されたジスロマックが処方され、医師の指示に従って服用を続けることになります。
治療に必要な期間には個人差がありますが、3週間から1ヶ月程度で完治することが多いです。
検査を受けて陰性であれば完治と見なされ、クラミジアの治療は終了します。

気をつけなければならないのは、クラミジアに感染していても自覚症状はほとんど出ないことです。
自覚症状がなければ感染の事実に気づくのが遅れ、必然的に治療を始めるのも遅くなってしまいます。
症状が進行してから本格的な治療を始めることになると、完治するまでの期間も長くなる可能性があるのです。
クラミジアは性行為によって感染するため、性行為をした後に違和感が出てきたときは早めに医療機関を受診する必要があります。

ジスロマックを服用するメリットは、1回服用したときの効果が1週間から10日間ほど持続することです。
症状を改善させたいと思っていても、薬を何度も服用するのは負担が大きく、人によっては飲み忘れのリスクがあります。
その点、1回服用しただけで十分な効果が期待できるアジスロマイシンなら心配が小さいのです。

ただし、治療にかかる期間は性感染症の程度によって変わります。
まだ症状があまり進行していない段階でアジスロマイシンを摂取すれば、1回だけの摂取で完治することが多いです。
しかしクラミジアは自覚症状がなくて気づきにくい感染症なので、ジスロマックを飲み始める時点で既にかなり進行している可能性もあります。
自分の判断で服用回数を決めるのは避けて、必ず医師に相談しなければなりません。

アジスロマイシン(ジスロマック)の副作用の症状

性感染症の治療を行う際に高い効果が期待できるアジスロマイシンですが、服用する際は副作用に注意しなければなりません。
アジスロマイシンの場合、多く見られる副作用は発疹・皮膚剥離・脱毛・嘔吐などです。
副作用の内容はここに挙げたものに限定されず、さまざまな副作用が出る可能性を持っている薬なので、安易な服用は禁物だといえます。

発疹・脱毛のような副作用はそれほど重大な症状にはつながりにくく、たとえ副作用が出たとしても短期間で改善することが多いです。
しかしアレルギー体質のように薬の影響を受けやすい人の場合、呼吸困難・高熱・出血性大腸炎といった重大な症状が出る可能性もあります。
自分がアレルギー体質だと分かっている場合は、性感染症で医療機関を受診した際に医師に説明することが大切です。

さまざまな副作用のリスクがあると聞くと、なかなかアジスロマイシン服用に踏み切れなくなることがあります。
しかし実際には、それほど重大な副作用が出ることはほとんどないのです。
使用方法をきちんと確認した上で、正しい用法用量を守って服用するように心がけていれば、スムーズに性感染症の治療を進めることができます。

副作用の症状の中には下痢・腹痛・食欲不振といったものもあるため、症状が出ていてもアジスロマイシンが原因なのか判断がつきにくいことも多いです。
そのときの対応としては、しばらく様子を見ることが欠かせません。
激しい痛みに襲われた場合は医療機関を受診することが大切ですが、単なる体調不良の可能性もあるため、慌てて医療機関に駆け込む必要はないと考えられます。
何日間も改善されないときに医師に相談すれば十分です。

服用に注意が必要なケースとは

アジスロマイシンの場合に限ったことではなく、薬を服用するときは他の薬との飲み合わせに注意しなければなりません。
たとえば、クラミジアなどの性感染症を治すための薬を複数併用するというのは絶対に禁物です。
どのような薬を服用すればよいかは医師の判断に従う必要があります。

とりわけ注意しなければならないのは、クラミジア以外の病気・症状を改善させるために薬を服用している人の場合です。
風邪を引いていて市販の風邪薬を服用しているケースは、それほど神経質になる必要がありません。
市販の風邪薬には、ジスロマックに含まれる成分であるアジスロマイシンの働きを阻害するものは含まれていないのです。

しかし医療機関で処方された薬を服用しているときは要注意だといえます。
この場合は、クラミジアで診察を受けるときに他の薬について説明することが欠かせません。
併用しても問題ないと医師に言われたのであれば、それまでどおりに服用し続けることができます。
何か副作用の可能性があると言われた場合は、どちらを優先的に治療するかを決めなければなりません。
もちろん自分の判断で決めるのではなく、医師の指示に従うことが大切です。

アジスロマイシンは抗生物質なので、処方されたものを全て飲み切らなければなりません。
しばらく飲んでいると次第に症状が改善してくるのですが、どの段階で完治したのかを自分で判断することはできないのです。
自分では完治したと思っていても、実際には完治していないということが多々あります。
抗生物質の服用をやめた時点で体内の細菌が全て消滅していればよいのですが、まだ細菌が残っていた場合、その細菌に耐性ができてしまうのです。

記事一覧
早く知りたい!性行為後すぐに性病はわかる? 2019年11月21日

性病に感染しても、感染直後は検査しても感染の有無はわかりません。検査して明らかに結果がわかるまでには、性病の種類によりますが、1日から3か月かかります。早期発見...

性行為をしなくても発症するカンジダ膣炎とは 2019年10月13日

カンジダ膣炎は性行為によって発症したと思われがちですが、性行為をしなくてもカンジダ膣炎を発症することがあります。カンジダ膣炎は、自発的発症と他人からの発症の2つ...

男性器にイボ?それって尖圭コンジローマかも! 2019年09月13日

尖圭コンジローマの特徴として感染した部位にイボのような腫瘍ができます。男性の場合は男性器の先端から肛門までイボのような症状が現れます。男性が尖圭コンジローマにな...

ジスロマックジェネリックの賢い買い方は? 2019年08月26日

新薬の開発にはとても長い時間と費用がかかるため、世に出た医薬品の価格は決して安くはありません。その価格の中には長年の研究費用や治験費用など、さまざまなコストが含...

無症状でも感染しているクラミジアの怖さ 2019年06月19日

性感染症のなかでも比較的知名度が高いといわれているのがクラミジアだといわれています。しかし初期には無症状の場合が多く発見が遅れてしまい結果として症状が悪化してし...

バルトレックスはヘルペスを抑え、再発率も下げる? 2019年08月08日

バルトレックスはヘルペスの治療で使われている抗ウイルス剤です。ヘルペスは一度ウイルスに感染すると、治療をしてもウイルスが完全に体の中からいなくなることはなく、神...

アジスロマイシンでは治せない性病ヘルペス 2019年07月19日

ヘルペスは性病の中で、女性ならばクラミジアに次いで2位、男性なら淋菌とクラミジアに次いで3位という感染者数の多い病気です。他の上位の性感染症が細菌によって起きて...

細菌を殺菌するアジスロマイシンの効果 2019年07月03日

アジスロマイシンは、ジスロマックという抗生物質の有効成分としてよく知られています。アジスロマイシンには細菌を殺菌する作用があり、淋病(淋菌感染症)やクラミジア、...