LCCをうまく利用する方法

- LCCをうまく利用する方法

でいごの花

LCCをうまく利用する方法

国内の飛行機移動として現時点で最も安価な手段であると、LCCを利用している人はたくさんいます。
大手航空会社でもLCCに対抗すべく「早期購入割引」といった格安航空券の販売を行なっていますが、金額的にLCCにかなうものではありません。

LCCに不便を感じる人、感じない人

こーれぐーす
けれども、大手航空会社の飛行機に乗り慣れている人からすれば、LCCに対して不満点は少なくないのが現状です。
たとえば、LCCのデメリットとしてしばしば挙げられる座席間隔の狭さです。
LCCでは一度にたくさんの乗客を運ぶことで利益率を上げるために、より多くの乗客を乗せられるよう大手航空会社の飛行機と同じ機種でもシートの間隔を狭くしているからです。
機内食やドリンク、毛布の貸し出し、機内エンターテイメントなどが有料であることや機内預け荷物にお金が掛かること、予約はネットでしなければこれもまた手数料が掛かってしまうことなどもデメリットとされます。

しかしながら、多少シート間隔が狭くても国内移動程度の時間ならそれほど気にならないという人も少なくありません。
また、機内食やドリンク、毛布の貸し出しも必要ないし、飛行機に乗っている間は寝ているといった人にはそれらが有料でも問題ないでしょう。
さらに荷物の少ない人、ネット予約に抵抗のない人にとってもデメリットと感じることもないといえます。
快適さは二の次、できるだけ安く飛行機を利用したいという人にとってLCCは最適の手段といえるはずです。

ここに気を付けてLCCを快適に

こういった点を気にする人にしても、いくつかの点を注意したり上手く使えばさらにLCCを快適に利用することが可能となるので、ここで紹介しておきましょう。

ひとつ目が、サービスのシンプルさを理解したうえで利用するという点です。
前述したようにLCCでもさまざまなサービスは提供していますが大半は有料なので、それらを利用する際には本当に必要なものだけに限定して申し込むことが大切です。
快適に過ごしたいから、便利にしたいからとなんでもかんでもオプションをつけてしまうと、大手航空会社の早期購入割引といった格安チケットの料金とさほど変わらない支払いになってしまうこともないとはいえませんよ。

ふたつ目に、座席が狭くて困るという人なら、非常口付近を予約してはどうでしょうか。
数百円から千円程度普通の席よりお金は掛かりますが、この席はシートピッチを広くしているので快適度はかなりアップしますよ。
ただし、席数は限られるうえに人気が高いので、早めに予約しないといけない点がネックではあります。