早期購入割引でANAやJALに安く乗ろう

- 早期購入割引でANAやJALに安く乗ろう

でいごの花

早期購入割引でANAやJALに安く乗ろう

現在、とにかく最も安く国内の飛行機に乗りたいというのであればLCCを利用するのがおすすめです。
けれども、LCCにはいろいろなデメリットが存在することから、利用を避けたいと考えている人が少なくないのも事実です。
それでもなるべく飛行機代金を抑えたいというなら早期購入割引を利用するのはいかがでしょうか。

早期購入割引とは?

早期購入割引とは、搭乗日よりも早く予約・購入することで通常運賃よりも大幅な割引価格でチケットを入手できる、いわゆる「格安航空券」のことです。
ANAやJALをはじめとするほとんどのLCC以外の航空会社で実施しており、会社によって「旅割」や「先得」といったことなった名称で取り扱いをしていますが、いわゆる「早割」という呼び名で知られています。
早期購入割引は基本的に購入が早ければ早いほど割引率が大きいのが特徴で、会社によりますが75日前から60日前、55日前、28日前などと設定されています。
これ以降も21日前や7日前、さらに1日前と直前まで割引設定はありますが、より大幅な割引を求めるなら28日前までに購入するのがおすすめです。
だいたい半額程度は当然で、路線や期間によっては80パーセント程度の激安な料金で航空チケットを購入することもできます。

早期購入割引利用の際の注意点

ただし、利用にあたってはいくつか注意をしなければならない点があります。
そのひとつが、予約の変更ができないということです。
したがって、便の変更をするのであれば一旦予約をキャンセルして新たに別便を予約し直さなければなりません。
その際に別便が確保できるかどうかという問題もありますが、キャンセル料が最大で支払額の50パーセントとかなりの割高であるという点は非常に大きなネックとなります。

また、すべての路線や時期に早期購入予約を設定しているわけではないので、自分の希望するフライトにおいて購入できるかどうかはチェックしてみるまでわからない点も挙げられます。
さらに、フライトがあったとしてもその分に用意された座席数は多くはないうえに人気が高いので発売されるとすぐに売り切れてしまう可能性も大きく、手に入らない可能性も十分考えられます。
つまり、早期購入割引の利用は早めに予定を立てて確定できる学生さんのような人に向いているといえるでしょう。

LCCに早期購入割引はないの?

もともとの航空券が安いLCCに早期購入割引があればさらに安く利用できるのにと思う人も少なくないと思います。
残念ながらLCCには存在しませんが、LCCでも早めに購入することで安く買えます。
ただLCCは「座席数連動性」というシステムを採っており、搭乗直前に空席があれば大幅な激安価格で売りに出すこともあるのでそれを待つのも格安で飛行機に乗るひとつの方法かもしれませんね。