大手航空会社との相違点があるからこそLCCは安い

- 大手航空会社との相違点があるからこそLCCは安い

でいごの花

大手航空会社との相違点があるからこそLCCは安い

現在、国内を飛行機で移動する手段として最も安く利用できるのがLCCでしょう。
大手航空会社の料金と比較して半額以下で飛行機に乗ることができるのですから、人気を集めて当然といえるかもしれません。
ただし、LCCを利用する際には大手航空会社とは違う点がいくつかあることを知っておく必要もあります。

LCCと大手航空会社との違い

LCCの格安料金の理由は、さまざまな面でのコスト削減です。
そして大手航空会社との違いの多くはそのコスト削減から生じているのです。

まず、予約はインターネットから行なう点です。
今では大手航空会社でも予約をネットで行なうことも少なくないので何とも思わない人も多いかと思います。
とはいえ、大手航空会社でネットを介さず電話や窓口で予約をしても何の問題もないのに対して、LCCでは手数料が掛かってしまいます。
また、予約の際に座席指定をする人もいますが、LCCではそれにもお金が必要です。

チェックインの際、機内預け荷物は有料ですし、機内持ち込み荷物の大きさや重さも少しでも制限値よりオーバーすると追加料金を請求されます。
機内食やドリンク、毛布の貸し出し、映画などのエンターテイメントにもお金が掛かりますし、場合によっては事前予約が必要なケースもあります。
また、客単価を下げるためにできるだけ一度に多くの乗客を乗せられるように座席間隔が狭くなっています。
搭乗場所も、LCCはターミナルが別の場所になっていることもあります。

その他にも遅延や欠航が少なくないこと、LCCの都合で欠航しても振り替えは自社便のみに限られること、その結果当日フライト手配ができず宿泊が必要となってもそれにかかる費用は利用者が負担しなければならないといった点も挙げられます。
さらに、少し搭乗時間が遅れてもフライトは待ってはくれません。

LCCが安い理由を認識する

このように大手航空会社の飛行機と比べると、いろいろな点で異なる部分があります。
安いのにはそれなりの理由があるわけですから、それをしっかり理解したうえでLCCは利用するべきでしょう。

こういったLCCのデメリットといえる点に不満を感じるなら、大手航空会社の飛行機を利用するしかありません。
その際には「早期予約購入」といったサービスで航空券を購入するか、または街のチケットショップで格安航空券を手に入れるという手段もあります。
しかしながら最安値という金額だけにこだわるのであれば、現時点でLCC以外の選択肢はないといってもいいのではないでしょうか。