大手航空会社とLCCってなにが違うの?格安航空券の良さについて徹底解説!

- 格安価格で飛行機に乗るには?

でいごの花

格安価格で飛行機に乗るには?

国内を旅行する場合の交通手段として考えられるのは、列車やバス、自動車、船、そして飛行機が主な手段でしょう。
最も早く移動できる飛行機は特にあまり時間に余裕のない場合に有利なのですが、費用が高くつくのがネックと考えている人も少なくないかと思います。
しかし、利用の仕方によっては格安な料金で飛行機旅行も実現するのですよ。

LCCを利用する

飛行機利用にかかる費用を抑える手段としては、主に3つあります。
ひとつが最初から運賃が安い飛行機、つまりLCCをを利用する方法です。
LCCはLow Cost Carrierの略称で、日本語にすれば格安航空会社のことです。
レガシィキャリアといわれる大手航空会社と格安航空券比較をすると、路線や時期にもよりますが半額以下の料金で利用できるのが当たり前という低料金が人気を集め、利用者数はうなぎのぼりで増加しています。
LCCの運賃が安い理由は、徹底した無駄の排除によるものが多くを占めています。
大手航空会社が複数の種類の飛行機を持つのに対して、LCCは1種類にすることでパイロットや整備士の数を抑えられますし、整備・修理部品の在庫を抱える量が少なくてすみます。
また、機内食やドリンクサービス、毛布貸し出し、機内エンターテイメント、機内預け荷物などを有料化することで多くの経費の削減を実現しています。
これらのことを実行することで、低価格な運賃を提供することができているのです。

格安航空チケットを入手する

もうひとつの方法は、いわゆる格安航空券を手に入れることです。
格安航空券の入手方法には2つあり、ひとつがチケットショップで購入するもの、もうひとつが「早期購入割引」を利用するものです。
チケットショップはいわゆる「金券ショップ」ともいわれますが、テレフォンカードや新幹線の回数券、映画チケット、図書券などありとあらゆる「金券」をディスカウント価格で販売しており、その中には航空チケットもあります。

沖縄のねこ

ただし、自分の求める航空券が販売されていないケースも少なくなく、そんなときに利用できるのが「早期購入割引」です。
これは多くの大手航空会社が提供している割引サービスで、搭乗日より早く予約・購入することで通常運賃より大幅な割引価格で手に入れることができるというものです。
通常運賃の半額程度どころか、中には80パーセント割引という激安な料金で提供している路線や時期もあるほどです。

パックプランを利用する

そして3つ目の方法が、パックプランを使用するというものです。
これは飛行機のチケットとホテルをセットで販売しているものを購入するのです。
航空会社が「ダイナミックパッケージ」といった名称で提供しているものがそうですし、また旅行会社も「ツアー」といったかたちで販売しているものも同様です。
つまり、飛行機チケットと宿泊施設を併せて予約することで、これらを別々に手配するよりも「お得」になるような設定になっているのです。

なぜ飛行機料金もホテル代も安く設定できるのがというと、飛行機料金は航空会社の「個人型団体割引システム」を使っているからです。
またホテルも事前にまとまった数の部屋を押さえることで、割安価格の提供を受けることができるというわけです。
料金が安いだけでなく、移動先で使えるクーポンや割引サービスなどが含まれている場合もあります。

格安サイトもうまく利用しよう

飛行機をなるべく安く利用したいと考えるなら、これら3つの方法の中から自分に合ったものを選択すればいいでしょう。
いろいろと考えるのが面倒、情報がたくさんあるのでわかりづらいという人なら、格安航空券サイトを利用するのもおすすめです。
これならさまざまな格安チケットに関する情報が紹介されていたりサイト独自ルートで安価にチケットを調達して販売しているケースもあるので、お得に購入することが可能になります。